デリケートゾーン 黒ずみ対策

人に言えないデリケートゾーンの悩み。黒ずみを改善する方法とは?

更新日:

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる人は多いものです。
しかし、場所が場所だけに、なかなか親しい人にも相談できないものですよね。

友人と温泉旅行に行くとき、彼といい雰囲気になったとき・・・黒ずみがあることで、オープンになれないのは残念です。

今回は、黒ずみはどうしてできるのか、その原因と対策を詳しく探っていきます。

まさに今黒ずみに悩んでいるあなたは、ぜひ参考にしてくださいね。

デリケートゾーン の黒ずみの原因

では、以下にデリケートゾーン の黒ずみの具体的な原因を見ていきましょう。

 

ホルモンバランスの変化が影響を与えるため

女性の身体は一生の間、女性ホルモンの影響を受け続けます。 体型が変化したり、妊娠して肌が敏感になったりすることなどは多くの人が経験していることです。

妊娠などホルモンの影響が強い時期などは、陰部が黒っぽくなったりすることもあるのです。

また、心理的なストレスや、生活リズムの乱れからホルモンバランスがくずれ、その結果お肌に影響を与えることも知られています。

デリケートゾーン も例外ではありません。

下着、水着などがデリケートゾーンに摩擦を与えるため

その特性上仕方がないことですが、下着や水着などを着用すると非常にタイトに体にまとわりつくことがあります。

そうなると、デリケートゾーンにも摩擦を与えがちです。

小さめの下着や水着を日ごろから着用し続けていると、デリケートゾーンの皮膚が刺激を受け、色素が沈着しやすくなってしまうことがあるのです。

アンダーヘアを処理するときカミソリなどで刺激してしまうため

アンダーヘアを自分で処理をしている女性は多いと思います。

ビキニラインにムダ毛があると、気になってついついカミソリなどで処理してしまいますが、この刺激がデリケートゾーンの肌によくない影響を与えるのです。

たまのことならいいのですが、いつも刺激を与えていると、やはり色素沈着は免れません。

肌の洗いすぎによる刺激

現代人は肌を洗いすぎるとよく言われます。

毎日ナイロンタイルなどを使いゴシゴシ体を洗うのは肌によくありません。

本来お肌に必要な脂(皮脂)を奪ってしまうだけでなく、肌に余計な刺激を与えてしまい、その結果色素が沈着しやすくなるのです。

特にデリケートゾーンの肌は弱いので、汚れを気にして重点的に洗ってしまうことでお肌がダメージを受けて黒ずんでしまうことにもなりかねません。

デリケートゾーン の黒ずみが気になる人のための対策方法

では、次から対策を見ていきましょう。

正しい生活習慣を身に付ける

実践は難しいことかもしれませんが、やはり美しい肌を保つには、正しい生活習慣が大事なのです。

いくら肌表面への物理的な刺激を抑えても、そもそも健康な肌が生まれるサイクルが作られていなれば、意味がありません。

日ごろから栄養状態の良い食生活をしたり、早寝早起きをしたり、上手にストレスを解消したりするなど、健康的な生活を心がけるのも大切です。

お肌を摩擦しないようにする

黒ずみ対策には、デリケートゾーンの肌を摩擦しないよう心掛けることが大事です。

普段からタイトな下着をつけている人は、できるだけゆるやかな肌当たりのものに代えてみましょう。
たとえば、肌に優しいオーガニックコットンやシルクの下着に代えてみるのもいいかもしれません。

あと、人によっては生理用ナプキンも、布ナプキンに代えてみると刺激は少なくて済みます。

その他、ジーンズやホットパンツが好きでよくはく人もいるかと思いますが、こちらも肌に刺激を与えるのであまりオススメはできません。

おすすめはゆったりした綿パンツなどです。

ただし、流行や服の好みもありますので、あまり徹底することができないかもしれませんが、そんなときはせめて下着の形やサイズ、ゴムのきつさなどはチェックしてみてくださいね。

下着はほぼ24時間身につけているものですので、その影響力はバカにならないのです。

正しい脱毛処理をする

脱毛のとき、肌に刺激を与えている人は多いものです。

肌への刺激を極力抑えるため、例えば剃るときに必ずシェービングクリームを使うなどして工夫しましょう。

また、脱毛処理の跡の肌は乾きやすく、傷つきやすい状態になっています。

デリケートゾーン にもたっぷり保湿クリームを塗るなどして肌を守りましょう。

弱酸性ソープを使う

人の肌と同じpH値で作られている、弱酸性ソープなどはとても肌に優しくできています。

お肌を労わりながら優しく洗いあげたい人にはぴったりのボディソープです。

優しく洗うと同時に、洗浄力もしっかりしているので、陰部もゴシゴシこすらず、きちんと洗いあげることができます。

黒ずみ対策商品を使ってみる

当サイトで取り上げているように、最近は黒ずみ対策に特化したクリームなどもたくさん発売されていますよね。
デリケートゾーンへの刺激を極力抑えたもので、有効成分がしッカリ入っていると認められている薬用の商品が売られていますので、気になる方はまずは試してみてください。

最後に

いかがでしたか?

デリケートゾーンの黒ずみは、場所が場所だけに最初はなかなか気づかないものですよね。

でも一度気になると、「彼氏になんて言われるだろう、友達には・・・といろいろ気になってくる場所でもあります。

しかし安心してください。

これはすごく退治なことなのですが・・全く黒ずみのない人の方が珍しいのですよ!

というか、ほとんどいません。

デリケートゾーン はどうしたって、もともと色素が濃くなりがちな部分です。

デリケートゾーン の色が肌の他の部分に比べて暗めであってもm何も問題がありません。

個人差もあります。

大っぴらに打ち明けないだけで、誰しも多少は悩みを持っている箇所なのです。

ですから・・黒ずみを見つけてもあまり深刻にならないようにしてくださいね。

ただ、デリケートゾーン のことが気になって自信が持てないというのも残念な話ですので、気になる人は、できることから気軽に黒ずみ対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

VIO 黒ずみオススメアイテム3選

数あるデリケートゾーン美容アイテムのなかから、安心して使えるものを選びました。

イビサクリーム

有効成分 トラネキサム酸
グリチルリチン酸2K
定価(税別) 7,000
初回購入(税別) 4,970(クレジットなら4,470)
定期回数縛り 2回

口コミ件数1位のブラジリアンワックスサロンが開発する黒ずみクリーム。トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kの2つの有効成分。有名ワックスサロンが顧客の声を聞いて開発した、満足度が高いアイテムです。すでに累計15万本の人気商品。有名タレントさんも愛用中。

ホスピピュア VIO

有効成分 トラネキサム酸
定価(税別) 8,000
初回購入(税別) 4,500
定期回数縛り 2回

テレビCMでも有名な湘南美容外科の医師監修の黒ずみクリームホスピピュアシリーズのVIO版。 美白の代名詞「トラネキサム酸」をはじめ、デリケートゾーンに特化した成分をぎゅっと配合。エアレスポンプで最後まで清潔に使えるデザインで、モンドセレクション金賞も受賞。安定の品質と継続しやすい価格設定が魅力です。

イビサセラムPro

有効成分 ビタミンC誘導体
アルブチン
グリチルリチン酸2K

定価(税別) 14,800
初回購入(税別) 9,800(クレジット払いは9,300)
定期回数縛り 2回

3つの有効成分がぎゅっと濃縮。さらなる明るさへ導いてくれるVIO美容液。 イビサシリーズの新作美容液は厚生労働省が有効性を認めた3つの成分が配合。 黒ずみの原因を様々な角度からアプローチします。日本人女性による日本人女性のためのデリケートゾーン美容液です。

-デリケートゾーン 黒ずみ対策

Copyright© デリケートゾーンケア美容ブログ , 2019 All Rights Reserved.